Skip navigation
12月クリスマスのスペシャルレッスン!

イタリアのパスタ旅20州vol.7「ピエモンテ州」

🇮🇹 Viaggio nella pasta italiana vol.7: Piemonte

11月パスタ旅20州
11:00~13:00 (約2時間)
17:00~19:00 (約2時間)
11,700円 (内税1,064円)
募集中 材料セット予約中

お知らせ:イタリア料理レッスン再開における新たな安全対策について

洗練されたイタリア料理と言われているピエモンテ州をめぐるパスタ旅レッスンを開催します。

クラシックなピエモンテの生パスタ「タヤリン」、ピエモンテ産赤ワイン「バローロ」で煮込んだ牛肉のラビオリ「アニョロッティ」をはじめとした数々のピエモンテグルメを楽しみましょう。

地方について

ピエモンテ州の料理

Cucina del Piemonte

アルプス山脈南西麓に広がるピエモンテ州は、イタリア北西部に位置し、州都はイタリア第4の都市とされる「トリノ」です。

リグーリア州、ロンバルディア州 、エミリア・ロマーニャ州、ヴァッレ・ダオスタ州だけでなく、フランス領やスイス領にも隣接していることからフランス文化やスイス文化の影響もあり、イタリアの中でも上品な郷土料理や郷土菓子が数多く存在する地域とされています。

アルバの白トリュフだけでなく、有名な肉料理、カステルマーニョやトーマなどのチーズ、バーニャカウダやグリッシーニ、パンナコッタ、ボネ、アマレッティなど名前をあげ始めたら止まらないほどグルメな食材や料理、スイーツの宝庫です。

地方情報
地域 イタリア北西部
州都 トリノ
面積 25,387 km²
人口 約4,341,000人
主要観光地 トリノ、アスティ、ランゲ・ロエロ、クーネオ
主要産物 ワイン、チーズ、サラミ、チョコレート
ピエモンテ州

レッスン内容

ランゲ地方のタヤリンとポルチーニ茸入りラグーソース

Tajarin delle Langhe al ragù di porcini

典型的なピエモンテのパスタ料理として有名なピエモンテ州ランゲ地方のタリオリーニである手打ちパスタ「タヤリン」。

タヤリンはランゲ地方で生まれ、15世紀にはピエモンテ州中に普及し、特別な祭日に楽しまれてきたという伝統あるパスタです。

たっぷりの卵黄と小麦粉を練り上げて作った生地は、通常のタリオリーニよりも黄金色で風味やコクのあるグルメなパスタを作ります。

ソースには秋の味覚を代表する「ポルチーニ茸」を加えたピエモンテ風ラグーを作ります。

定番には定番の組み合わせがあると感じるこのランゲ地方のソースは、濃厚なタヤリンがさらに美味しくなる!贅沢で味わい深いピエモンテのラグーを作り、パスタとともにお持ち帰りいただきます。

牛肉の赤ワイン煮入り「アニョロッティ・デル・プリン」

Agnolotti del Plin in salsa brasata

ピエモンテではラビオリのことを「アニョロッティ」と呼びます。

その中でも「アニョロッティ・デル・プリン」は、タヤリン同様ピエモンテ州の郷土料理として有名な小さなラビオリです。

ソースに絡みやすくなる独特の「つまみ方」からこの名がついたとされています。

ラビオリの詰め物には、煮込んだ肉の切れ端を詰めて作るのが王道ですが、今回は贅沢に牛肉の赤ワイン煮「ブラザート・アル・バローロ」を作り、卵をたっぷり使った生地で包んで作ります。

「ブラザート・アル・バローロ」は、イタリア三代ワインと称されるピエモンテ産赤ワイン「バローロ」でじっくり牛肉と野菜を煮込んで作るピエモンテ名物のメイン料理です。

赤ワインで煮込んだお肉はスライスしてローストビーフとしていただくのが定番で、肉の切れ端をラビオリに使い、煮汁は「アニョロッティ・デル・プリン」などパスタソースにもなるというまさに一石二鳥な肉料理+パスタレシピをご紹介しますのでお楽しみに。

ピエモンテのチーズフォンデュ「フォンドゥータ」

Fonduta di formaggi piemontese

イタリアのチーズフォンデュ「フォンドゥータ」は、ピエモンテ州とヴァッレ・ダオスタ州の両方の地域の名物料理です。

古い歴史を持つピエモンテのチーズフォンデュは、その起源ははっきりされていないものの19世紀の書物にも登場しています。

サヴォイのシェフが作ったとされる「フォンドゥータ」は、栄養価が高く、冬にぴったりの一皿。アルプス山脈で作られる最高品質のチーズを牛乳に浸し、溶かしたチーズに卵黄を加えて柔らかく、濃厚で香りのよいフォンデュを作ります。

コクがあってクリーミーなチーズフォンデュは、トーストしたパンをつけて味わうのがクラシックスタイル。

寒い季節に恋しくなる濃厚なチーズフォンデュをデモンストレーション形式でご紹介、ご試食いただきます。

トリュフ入り「フリッタータ・アル・タルトゥーフォ」

Frittata al tartufo

洗練された豊かなメニューが多くあるピエモンテ料理ですが、一方で貧しい農民たちの素朴な料理も存在するのもピエモンテの魅力であると言われています。

イタリアの素朴な家庭料理の中でも心に残る美味しい夕食メニューが「フリッタータ」と呼ばれるイタリアの卵焼き。

ここピエモンテにも現地の特産で風味づけしたフリッタータがあります。

ピエモンテはアルバ産で名高いトリュフの宝庫ゆえ、フリッタータにもトリュフを入れて焼き上げます。

そして現地ではフリッタータは、フォンドゥータソースを添えて食べることがあります。

今回は、合わせて作るチーズフォンデュとともにお味見いただきます。

ピエモンテ風モンブラン「モンテ・ビアンコ」

Monte Bianco del Piemonte

日本でもおなじみのモンブランは、ピエモンテ州やロンバルディア州でもご当地スイーツとして人気があります。

イタリアではモンブランは「モンテ・ビアンコ=白い山」と呼ばれています。

栗の美味しいイタリアで作られてきたモンブランは、フランス菓子とは少し違うので発見があって美味しく楽しめます。

イタリアでは、白い山というだけあって、外側は真っ白。中からカカオで風味をプラスしたホクホク甘い栗が出てきます。

このイタリア式モンブランルールを破って私がフランス風に作ったところ「モンテ・ビアンコではなく、茶色い山なんて間違っている!」と家族に批判されたことがあるほどです。

秋になると食べたくなるピエモンテ風モンブランを作りますのでどうぞお楽しみに!

ピエモンテ州のお土産:ジャンドゥイオット

Souvenir del Piemonte: Gianduiotto

ジャンドゥイオットは、1800年代イタリア発祥でピエモンテ産ヘーゼルナッツが入ったチョコレートです。

ナポレオン帝政時代にカカオ不足だったことからランゲ地方のヘーゼルナッツをチョコレートの中に混ぜ合わせ、ボートを裏返したような形で作られたチョコレートは今や世界中で人気があるトリノの名物です。

ジャンドゥイオット
ピエモンテ州のジャンドゥイオット

お持ち帰り分・その他

Per casa e varie

ご自身作られたパスタは、お持ちいただいたタッパーに入れてお持ち帰りいただけます。

作られたソースはこちらで袋に入れてお渡しします。

お持ち帰り分

レッスンの流れ

  • ピエモンテ州についての説明
  • 牛肉の赤ワイン煮、チーズフォンデュ、フリッタータ、モンテビアンコのデモンストレーション
  • パスタ作りのデモンストレーション
  • 各自パスタ生地作り実習
  • 各自ソース作り実習
  • ご試食

レッスン予約

開催日程をご確認の上、予約したいレッスン日を選択して「レッスンを予約する」ボタンをクリックしてください。

その後レッスンの購入手続きに進みます。

1名様以上でのご予約は、カート画面で人数を変更できます。

レッスン空席状況の表示: 空席 2 残席 満席 追加

レッスン募集スタート:10月5日21:00

2

材料セット予約

レッスン内容の参考動画を見ながらご自宅で楽しんでいただけるよう配送可能な食材をレシピとともにクール便でお送りします。

食材の劣化防止のため、お届け予定日の変更は受けかねます。ご都合が悪い場合は、発送後お知らせする伝票番号より運送会社にお問い合わせ下さい。※ 本州・四国以外の地域はお届け予定日+1日かかります。

クール便専用のため、教室の申し込みとの同時購入いただけません。

材料セットとは

予約したいお届け日を選択して「材料セットを予約する」ボタンをクリックし、購入手続きに進みます。配送時間帯はカート画面でご指定できます。

材料セット受付期間:2020年11月19日まで

教室について

Scuola di pasta fresca e cucina italiana

コトコトパスタはイタリア料理の基礎に従い、質のよい素材を活かした手打ちパスタやイタリア料理教室を行っています。

フィレンツェのマンマに教わった昔ながらのレシピや現代の家庭で食べられているレシピをもとに、シンプルで美味しいイタリアの家庭料理を作ります。

ご参加の皆様と一緒にイタリア時間を楽しみながら気軽で美味しいひとときをお楽しみ頂けます。

教室の紹介を見る

100% olio extravergine di oliva toscano

美味しいイタリア料理の基礎、美味しいオリーブオイル。

教室で作るすべての料理には現地で選び、自社輸入したイタリア・トスカーナ産高品質なIGP認定EXVオリーブオイルのみを使用します。

詳細を見る